アウトバストリートメント

こんにちは。

ヘアメイクドレスの関です。

最近は雨ばかりですね。寒いですし、服も厚くなってくるので肩が凝ってしまいますwa

 

今回はアウトバストリートメントについて少し。

「アウトバストリートメント」なんて横文字を使ってしまいましたが、簡単に言うと流さないトリートメントの事です。

アウト(外)バス(お風呂)トリートメント(処置する)

というような意味合いとなります。

 

髪の毛に付けるものなのですが、

あ、その前にちょっと酷なお話を・・・・・

実は・・・

髪の毛は傷んでしまったら、もう元には戻らないんです・・・

 

ですので、傷まないようにする!のがとても大切です。

 

傷む原因としては、紫外線、熱(ドライヤー、アイロン)が影響しやすいでしょうか。

そして、美容室でのパーマやカラーの施術はやはり髪の毛に負担をかけます。

極力ダメージを与えないように自分たち美容師は日々格闘していますが、どうしてもキューティクルを弱くしたり内部のたんぱく質を壊してしまったり・・・

 

特にキューティクルがダメージを受けると、内部からたんぱく質がどんどん出てしまい内部がスカスカになってしまいます。そうすると、キシキシ、ごわごわ、パサパサ、繰り返し言葉のオンパレードです。

 

そして、やっと本題です・・・

大切なのはずばり「保護」です。

指にささくれが出来て、放っておいたら切れて血が出ました。

そうなる前に、ハンドクリームや栄養クリームは付けますね。

同じようなことで、パーマ、カラー、アイロン、ドライヤー、紫外線、etc(ささくれの原因)

流さないトリートメント(ハンドクリーム、栄養クリーム)

といった具合です。

 

髪の毛は切っても痛くないのでわかりにくいですが、パーマ、カラー、アイロン、ドライヤーをする方は流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は必須です!

髪を洗って清潔にしたら、流さないトリートメントで「保護」

ぜひ習慣になるようにしてくださいね!

ではまた!

皆様のキレイをお手伝い!

ヘアメイクドレス 関

HairMakeDRESS 渋川市の美容室

群馬県渋川市のヘアサロンです。オーナーが都内で学んだ技術と知識を活かして皆様に喜んでいただけるヘアスタイルをご提供いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000